ハロウィンの今日は新月です


pak39_kabocyaobake_tp_v
日本でのハロウィンの経済効果がバレンタインデーを抜いて一位になったとニュースで伝えていました。
渋谷のスクランブル交差点をいろいろな仮装をした人が埋め尽くす映像は日本にも定着しているのだなあ〜と感じました。
そこでハロウィンの意味と起源は?と疑問に思い調べてみました!
ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい?
ウキペディアより
elly20160630452917_tp_v
元々は日本で言う大晦日であり秋の収穫を祝うお祭りなんですね!
そこに日本のお盆のように死者との垣根が薄くなり家族を訪ねて死者や魔女や有害な精霊がやってくる(T_T)
そしてそのものから身を守るために仮面を被り魔除けの焚き火をしたのが始まり☆彡
目に見えない存在との距離がとっても近いなあ〜と感じました。
日本のお盆は迎え火でご先祖様をお迎えして送り火で天に帰られるのをお見送りする、とっても優しい民族だなあ〜☆彡
今年の3月に父が空に旅立ちました。
生前は口数の少ない穏やかな人でいつも二人でだまって時間をすごすような関係でした。
今は肉体のない父はいつも側にいてくれて穏やかなエネルギーで見守って応援してくれていると感じます。
今日のハロウィンもきっと空から見ているのかな?
いっぱいの死者や魔女や有害な精霊と共に、、、
そして今日は新月です。
闇が一番強い日です☆彡

The following two tabs change content below.